2011年3月11日(金)
第64回猪位金中学校卒業式が行われました。

3月11日,第64回猪位金中学校卒業式が行われました。
29名の生徒一人ひとりに,学校長から卒業証書を手渡されました。
ほとんどの生徒は小学校1年生から中学校3年生までの9年間,クラス替えもなく,1つの教室で過ごしてきました。
ぶつかり合いもあったとは思いますが,それも今となってはよき思い出ですね。そうしたこと1つ1つを乗り越えて,人間的にも大きく成長することができました。
これは,担任が生徒一人ひとりの名前を読み上げているところです。
返事をした後,壇上に上がり,卒業証書を学校長から手渡されます。
高校では人数が多いため,全員には手渡されない可能性があります。もしかすると,壇上に上がって手渡されるのは最後だったかもしれませんね。
これは,3年生の答辞です。3人の生徒がこれまでの3年間を振り返って,自分の思いを述べました。
友だちと一緒に過ごした貴重な体験や,保護者や先生に対しての感謝の気持ちなど,内容的に周りを感動させるものでした。
卒業式2部の最後の合唱場面です。
最後は,3年生全員がステージに上がって合唱をします。
レミオロメンの3月9日を歌いました。生徒の半分は,歌いながら泣いていました。
本当に,感動的な卒業式になりました。