学校紹介

学校概要

創立
1947年4月1日

所在地
〒825-0005 福岡県田川市大字糒258
TEL 0947-44-0591 / FAX 0947-44-5296

特色
 農業を中心に古くから栄えてきた歴史ある地域「かながわ」。香春三岳を指呼に仰ぎ、緑溢れる桝が原の台地に乳白色の校舎は聳えている。

    「力は出るもの出せるもの」
          「耐える力は伸びる力」

を合い言葉に、生徒・教職員・保護者が心を一つに地道な努力を累積、炭鉱閉山後の厳しい教育状況を克服すべく、学校教育、生徒指導、学力向上、人権・同和教育、教育総合推進地域指定と数多くの校区事業を推進、実践的研究を累積してきた。

 平成14年に本校舎全面大規模改修を終え、平成16年2月、地域におけるコミュニティ活動を視野に入れた新体育館が完成、教育環境も充実し、新たなステージを迎えている。

 本校は、21世紀にたくましく生きる力をもった生徒を育成するという観点から、
  (1) 低学力の克服
  (2) 肯定的セルフイメージの育成
  (3) 家庭・地域の教育力の向上と組織化
を柱に、生徒一人ひとりの「夢をかたちに」していくため、人権・同和教育の充実と推進を根幹に据え、確かな自己概念が育つように、日々自己を見つめ精進するという教育活動を展開し、全ての生徒が輝くためのアプローチを行っている。
 そのため、生徒の成長を中学校段階でのみとらえることをせず保・幼・小・中での一貫した教育を縦軸に、学校・家庭・地域を横軸にとり「授業づくり」「学校づくり」「地域づくり」の3側面から、生徒の自己実現の過程を支援している。

 「授業づくり」では、「意味づけ、価値づけ、方向づけ」という肯定的評価活動や確かな自己概念の形成につながる「ふりかえり」を進め、学習がわかる喜びを体感させることにより、やればできるとの自信と、より高まりたいとの意欲を醸成している。

 「学校づくり」では、生徒会によるピアサポート活動をはじめ、PTAの「除草作業」「うどん奉仕」や「おやじの会」によるプール塗装など、生徒ー教師ー保護者による協働の教育活動を通して達成感や成就感、連帯感をはぐくんでいる。

 「地域づくり」では、子育てハンドブック「のびのび金川っ子」の作成と活用、地域広報紙の「ネットワーク」を通して「褒める、叱る、鍛える」をキーワー ドに「家庭教育学級」「地区懇談会」を実施、子育てにかかる課題の共有化と大人の役割の明確化を進め、各地域のよさに学びながら地元へと返していってい る。

 このように、学校・家庭・地域がそれぞれの持ち味を生かし、力を出し合いながら教育の総合化を図っている。その結果、地域の伝統行事である「神幸祭」に 加え、 「まつり金川」「夏祭り」「夕涼み会」「サマーフェスタ」等々と地域起こしも活性化し、地域の人々がやりがいと誇りを感じ、学校支援、ふるさと金川の活性化に積極的に動きはじめている。

教職員
26名(市雇用及び非常勤を含む) 

校歌
金川中学校校歌
        作詞:石橋政記
        作曲:荒木則邦
 
1 緑の松に かいま見る
  赤きいらかの 学び舎は
  吾等が心に 匂うなり
  共にいそしみ 磨かなん
  ああ うるわしの金川中学校
 
2 古はるか ますらをの
  築きしあとの ますが原
  勤労自治の 旗のもと
  共に守りて 進まなん
  ああ なつかしの金川中学校
 
3 英彦の峰の 空高く
  三岳指呼に 望むとき
  若き力は すこやかに
  共にいたわり 励まなん
  ああ たくましき金川中学校
 

施設紹介

ご覧になりたい箇所をクリックすると画像が表示されます。
※外部サイトに移動します。ご注意ください。
      学校空撮
      正門(
      グラウンド
     玄関
     校舎(昇降口付近図書室
     体育館
 
 
      

学校紹介


  創立
  所在地
  特色
  教職員
  校歌
  施設紹介

information

田川市立金川中学校

〒825-0005
福岡県田川市大字糒258
TEL.0947-44-0591
FAX.0947-44-5296
アクセスマップ